東京【高田馬場・渋谷・秋葉原】埼玉【大宮】
関西【大阪】 5店舗営業中!
LINE@

0120-414-200

店頭・宅配買取・法人買取 11:00~21:00

緩和ムードの中コロナ禍でのヨーロッパへの渡航マニュアル改!

みなさまこんにちは!
先日[番外編]渡航予定の方必見!海外渡航に必要な書類と流れについてにてイギリス渡航においての注意事項や僕が苦労したところなど列挙させていただいたかと思います。

 

今回は数ヶ月経ってどこの世界も緩和ムードになっている上で追記をしていきたいと思います!

 

それではいきましょう
🚗Here We Go💨

 

目次

 

前回から2ヶ月経って変わったこと
イタリアで苦労したこと
帰国の時の攻略本
思うこと、、、
まとめ

 

前回から2ヶ月経って変わったこと

 

まずは前回の渡航の時と変わったことです。
僕の今回の渡航先はイギリスとイタリアでしたが、前回はイギリスだけの渡航でしたので比較は主にイギリスの比較になります💡

 

前回渡航した12月のイギリス入国ルールは

 

・入国前のPCRを受診した陰性証明書
・パッセンジャーロケーターフォームの入力
・到着後2日以内にDays2検査の受診と検査結果が出るまでの自主隔離

 

こちらの3つとワクチンパスポート(2回目までの接種)

 

が必要でした
また日本帰国の際は

 

・出国72時間以内の陰性証明書
・ワクチンパスポート
・誓約書
・スマホアプリの登録(My SOS、GoogleMaps,COCOA)
・質問票
・健康カード

 

、、、多いですね🙈笑
この書類に加え6日間の政府指定の隔離施設での隔離が必要でした(これが辛かった、、、(´༎ຶོρ༎ຶོ`))

 

3ヶ月経って世界情勢がかなり緩和に動いている中でどうなったかというと、、、

 

イギリスの方で必要なものは
・パッセンジャーロケーターフォームの入力

 

、、、これだけ!!!(ワクチン2回接種が条件)
着後の検査も出国前の検査も一切必要なくなり、空港での手続きやイミグレーションも通常通りの手続きだけでほとんど通常の形に戻りました☀️

 

市内でもマスクの義務化は撤廃され、公共交通機関であってもマスクは必須でなくなりました😲
街中を歩いていてもマスクをしている人の方が少なく、コロナ前の世界に戻ったようでした☺️

 

日本サイドのほうも提出する書類こそ減ってはいませんが、MySOSと連携するようになったことで、空港についてからわちゃわちゃした書類を用紙したり、記入したりする必要はなくなり、事前に登録しておけばかなり楽に手続きできるようになりました!

 

またファストパスというものに登録して日本の空港に到着する前にMySOSの画面を緑の状態にしておくことで、さらに空港での手続きを簡素化できるようになりました✨

 

上記見ていただいただけでもかなり緩和の方向に向かっていると思います☝️
特にイギリスに関してはもうほとんどイレギュラーなものはなく、とても過ごしやすい感じになっております!

 

イタリアで苦労したこと

 

イギリスとイタリアヨーロッパなのは一緒ですが、かなり考え方の違いがありました😲
イタリアの入国に必要なのはロケーターフォームは一緒ですが、いまだに陰性証明書は必要でした
ですがAntigen testも認められているのでここは日本と大きく違うところですね💡

 

イタリアが気を遣っていたところはワクチンパスポートを常に携帯していないとほぼ何もできないことです💡レストランやホテルはもちろん移動手段にも必要な時があります。
それぞれの施設に入る前には必ずワクチンパスポートの提出が必要で、それを提出しないと入店できません

 

ここで注意が必要なのがイタリアで認められているワクチンパスポートは最後にワクチンを接種したときから6ヶ月以内でなければいけないということです(・Д・)

3回目の接種が終わっていれば優遇されるのはどこの国でも一緒ですが、イタリアの場合2回接種が終わっていても2回目の接種から6ヶ月を経過していると一度も打っていない人と同様の扱いになってしまいます😱

 

またこちらQRコードの認識が優先されますが、日本のワクチンパスポートにのっているQRコードは90%の確率で読み込みができず(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
自分で(英語は通じましたが)2回目の接種が6ヶ月以内でこの日とこの日にこのワクチン打ったから
ルールを守ってるよ!と主張しないといけませんでした。

 

日本のワクチンパスポートは上記の情報が全て英語でもQRの下部に文字で記載があるため事なきを得ましたが、ある日ホテルにチェックインしようとしたら僕の前にいたお客さんがQRも読めず上記の情報が記載がなかったためスタッフさんと長いこともめていました😵

 

結果的にどうなったのかわかりませんでしたが、おそらくチェックインできていなかったと思います
それくらいイタリアはワクチンパスポートの提出に厳しく、そのくせQRは読まないという形でしたので
ここが少し注意が必要でした、、、

 

帰国の時の攻略本

 

上記緩和のムードですが、日本帰国の際はまだまだ必要な手続きも多いです💦
書類はMySOSにて簡単にできるようになったものの陰性証明書はしっかりと取ってこないといけません!
イギリスではヒースロー空港の中にあるExpress社のテストが有効で僕もこちらのテストで帰国しましたが
厚生労働省が定めるフォーマットの情報が全てのっているわけではなかったので、帰国の際少し不安でした。

 

テストを受ける際何度か日本の入国は大丈夫かと聞いたところ確認しっかり取れてるから大丈夫だよ✌️
と言われましたので、それを信じて受けましたがなにも問題なく帰国できました。
僕はここでLAMP検査を受けましたが、LAMPというところが最終的に重要でした、、

 

少しデリケートな部分になりますので、なぜ重要だったか気になる方はTwitterやInstagram等のSNSのDMにてお問い合わせください☺️

 

僕のオススメとまではいきませんが、書類のやりとりは少し面倒な部分が多いので
いつも陰性証明書用のPCRを受けたら航空会社のオンラインチェックインと同時にMySOS等の設定やその他の書類の登録をしています☝️
ファストトラックを利用する方は事前に安心しておくためにも出国前72時間のフルフルを使って70時間くらいの時間にやってもいいかもしれません。

 

ファストトラックについて

 

こちらにファストトラックについてとやり方が書いてありますので、帰国の前のある程度のお時間にこちらから全ての書類を事前に登録しておけば後は空港でそのまま進んでいくだけなのでスムーズかと思います✌️

 

思うこと、、、

 

ここまで緩和について書いてきました!
ヨーロッパ特にイギリスはもちろん日本の入国の際にも隔離期間含めてかなり緩和されてきたかと思います
ですが、どうしても言いたいことが一つ☝️

 

日本の空港での手続きについて、、、
絶対的に無駄!!!!!だと思います。前回の渡航の12月の際は飛行機が成田に到着してから隔離施設のホテルにチェックインするまでに9時間かかりました😱チェックインしたのは夜中の3時でした

 

今回は緩和されて手続きが少なくなっていたとはいえそれでも3時間かかりました、、、
やってみてやる事自体や手続き自体はそんなに時間がかからないと思いますし、如何せん無駄な移動が多い多い😭
細かく移動した先々で同じ書類を何度も何度も確認するのもはぁ〜😩という感じです。
そしてなにより世界中がwithコロナになってきている中、鬼のように無駄な作業だと感じます

 

蔓延を防ぐためだ!ということかもしれませんが、世界中の数字が示すように0にするのは不可能だと思いますし、海外から帰ってきて帰国者のほとんどの方が通常より疲労が溜まっている状態で、上記のような負担を増やす方がただでさえ疲労で免疫力が落ちている状態で身体の状態を悪くするリスクが増えるだけだと思います😱

9時間あればタイのプーケットやマレーシアのペナンまでいけてしまいますからね((((;゚Д゚)))))))

 

僕が経験した中ではあれだけワクチンパスポートに煩かったイタリアでさえ空港は一瞬で着陸から30分以内で電車に乗っていました
もちろん蔓延に効果のあるものでしたら必要かと思いますが、日本の空港で時間を長くしているのはその場のPCRや結果よりはその後の生活についてやそれを管理するための説明がほとんどです

 

自主隔離のMySOSのビデオ通話にしても24時間、または有人で管理するわけでもないので、
常に確認できない以上意味がないとまではいいませんがある程度の効力しかないと思いますし、「自主」隔離という言葉以上ある程度のところで割り切るしかないと思います。
またソーシャルディスタンスとはいえ3時間〜9時間もの間たくさんの人がいる空港のスペースにポジションをとるほうがよっぽどリスクがあるように思います。
なのでそんなことに時間と人を使うくらいなら最低限の手続き(PCR検査など)が完了した後は早く自主隔離に移動したり、そのスペースをワクチン接種の会場にしたほうがよっぽどいいような気がします

 

首相官邸のHPが伝えるところによると2回目までワクチンを接種している方は79.4%とのことです
となると全国の8割の方がワクチン接種を希望していることになるので、そちらを完璧にして重症化を防ぐ方が全然効果的なように思います。

 

過去二回成田での経験をして空港での手続きの効率の悪さと帰国者にかかる疲労、現状の手続きをやることによって防止できる蔓延の程度、、、
バランスよく贔屓目なしに考えても実に非効率だと思います。

世界中が緩和ムードになってきたり、感染を防止することはもちろんですが重症化しないためのワクチン接種だとか(日本は2回目から6ヶ月経っていないと3回目のワクチンが打てませんがこれもワールドスタンダードからするとかなり長いと思います)
もっと外国を参考にする部分があってもいいのではないかと愚痴のようですが思いました。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
前回はリンク等もつけてご紹介したので、今回は同じものは特に追記はしておりませんが
よりタイムリーな現状としてみなさまの必要な情報がどこかにあれば幸いです✨
前回もお伝えしましたが、こちらは執筆時点での情報やルールになりますので、責任は負えませんので
ご自身様の渡航のタイミングや渡航先その時期のルールは必ずみなさまの目でご確認いただければと思います☝️

 

それではまた来週✋