東京【高田馬場・渋谷・秋葉原】埼玉【大宮】
関西【大阪】 5店舗営業中!
LINE@

0120-414-200

店頭・宅配買取・法人買取 11:00~21:00

[番外編]渡航予定の方必見!海外渡航に必要な書類と流れについて

皆様こんにちは!
緊急事態宣言等経てやっと落ち着いてきたと思ったらまたオミクロン株により
ざわざわしておりますね😱

 

YouTuberの方含め連日かなり色々な海外渡航についての動画がUPされておりますが、
先日のブログでUPさせていただきましたように僕もイギリスに出張に行ってきました🇬🇧
ただいま隔離生活真っ只中ですが、現在渡航中の方、またこれから渡航が必要な方に向けて
実際に経験した不安だった部分、やってよかった部分記載させていただきたいと思います♫

 

今回はあまり携帯関係ないですが💦

 

それではいきましょう
🚗Here We Go💨

 

目次

 

日本出国の際に必要な書類と手続き
当日の空港カウンターについて
現地でのやるべきこと
日本帰国に必要な書類と手続き
成田にて、、、
帰国の際の超注意😱(次回後編にて)
まとめ

 

日本出国の際に必要な書類と手続き

 

まずは日本出国の際に必要な諸手続きです!
こちらは日本帰国と違い各国ごとに必要なものは違いますので、今回は僕が経験したイギリスについて記載しますが、その他の国の方は各国の政府の公式ページや在日大使館などのHPで確認したり、その国ごとに詳しく書いてあるブログ記事や旅行代理店さんのページが役に立つと思います💡

 

もともと日本からイギリス入国に必要な書類と手続きは以下の3つでした💡
※ワクチン接種2回が終わっている方の条件です。未接種の方は他国同様それぞれのページでご確認ください🗣

 

パッセンジャーロケーターズフォームの入力と送信(②の検査の予約番号を含む)
②イギリスについてからのDay2検査の出国前の予約と到着後の実施(PCR検査)
③ワクチンパスポート

 

僕が渡航したのは12月6日の成田発の飛行機でしたが、その直前(たしか2日前とかだったと思います)に
急に3つも条件や制度の変更がございました((((;゚Д゚)))))))

 

❶日本での陰性証明書の携行追加
❷到着後のDay2検査はラテラルフローという少し軽めの検査からPCR検査に変更
❸検査後は陽性でない限りフリー→陰性の結果が出るまで自主隔離

 

上記が急に追加になり慌ててすぐに結果が出る日本の病院でPCR検査を受検しました💦
かなりタイトなスケジュールで急に追加されたので、この時期では二重三重にスケジュール余裕を持った方がいいと思います。

 

最終的に①②③❹の合計4つの書類(手続き)が必要になりました。

 

参考サイト
在英国日本国大使館
https://www.uk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00466.html

 

当日の空港チェックインカウンターについて

 

上記の④点全てを成田空港での各航空会社のチェックインカウンターにて全て見せて確認をされました。
パッセンジャーロケーターズフォームについてはWEB入力・送信しメールで完了のフォームとPDFがダウンロードできる形ですが、上記の時のようなためにプリントアウトしていったほうがいいかと思います💡

 

基本的にコロナの対応はどの国、どのルールも急に増えたり減ったりするためだと思いますが、
空港の職員さんや客室乗務員の方も当然慣れていないことの方が多く感じたため、絶対に普段よりもかなり余裕を持って空港に到着することがオススメです!!!

 

僕は実際に帰国の際は3時間前に到着していたにも関わらずついてもブローディングタイムギリギリになってしまった形でした😱

 

こちらはある事件がきっかけなのもありますが、それは後編にて、、、😱💦

 

現地でのやるべきこと

 

Day2の検査ですが、こちらも航空券を取った時は受けたあとは陽性でない限り、隔離も含め何もしなくてもよかったのですが、上記の通り陰性証明書が必要になったタイミングに陰性の結果が出るまで自主隔離のルールが追加されたので、Day2の検査結果が出るまでホテルにこもっておりました。

 

こちら検査の方法ですが、イギリス政府が公表するHPにて参考資料や実際の検査機関のリンクがあります。こちら入力進んでいくとわかるかと思いますが大きく分けて
①郵送キットで自分で検査する
②ラボ(英語でsiteという検査期間)に行って検査してもらう

 

方法があります。
海外あるあるで時間通りに物事が届かないというのは郵便をはじめよくあることだと思うので、
僕は最初から検査期間での実施しか考えていませんでしたが、キットの口コミをみると案の定
キットが予約したのに届いていない!!検査を実施し送付したのに結果が全然来ない!!!
という世界中のカスタマーのレビューであふれていました😱
僕はサイトの口コミ、直接検索、グーグルマップで3つの口コミを網羅し、どこの検査期間がいいかを調べました💡

 

口コミは実際に体験されている方の生の声なので僕はそれを信用することにしました✊
また安ければキットの方は1番安いもので£15前後から(約2,250円)ありますが、siteでの検査も
£55(約8,250円)前後なので6,000円ケチって不安を募らせるようならという感覚で予約しました!

 

僕がDay2で利用したのはCollinsonという会社で各空港に直結する形でアクセスも便利なので
到着後すぐ検査を受けれるということもありこちらを選びました☝️
こういうご時世ということで、どのくらいで空港から抜けれるのかわからないというのもあったので
飛行機が到着した12:25からかなり余裕を持って14:00に予約をしました💡

 

現地のマンチェスター空港ではびっくりするくらい何もなくスムーズに外に出れたので
13:00くらいには検査場についてしまいましたが、受付で早くついたんですけどいけますか?
と聞いたらフライトで疲れてるだろうし全然いいよ!と優しく受け付けてくれました😍

 

検査はほとんど時間もかからず48時間以内にメールが届くから結果確認してくださいと
伝えられそのまま解散になりました。この際は日本と違って公共交通機関を使用してはいけない等の
縛りはなく自主隔離という少しアバウトなワードに縛られることになります🙈

 

結果的に僕の場合は12月7日の13:19に検査を受けて、12月8日の4:27に陰性の結果がメールで届いたので、14時間ほどで結果が迅速に届きました!

 

結果のメールに陰性であればもう後は自由に過ごしてくださいという文言が書いてあったので
ここから自主隔離をやめ普通に現地での時間を過ごしました。

 

日本帰国に必要な書類と手続き

 

こちらは出国の際と違い、どこから帰国する場合も基本的に一緒です

 

出国前72時間以内の陰性証明(検査証明書)←から「日本語・英語」という項目をクリックすると書類に飛べます💡
誓約書「日本語」という項目をクリックすると書類に飛べます💡
③スマホアプリの登録(My SOS、GoogleMaps,COCOA)
質問票
健康カード
⑥ワクチンパスポート(こちらも確か一瞬見せた気がします)

 

になります。
こちら成田空港に到着してから順列に検査、確認があり各セクションでそれぞれ、また一気に確認されますが、書類がないと入国できない場合もありますので、全て忘れないように気をつけてください>_<
またこちらも適宜ルールは変更される可能性が高いので、必ず皆様の目でスケジュールに基づき複数回確認することをオススメします🚨

 

少し複雑な内容もありますが、後編にて僕自身がトラブルにあったこと、大変だったことをまとめますので
ぜひ参考にしてください💡中でも①がイギリスの場合はとても大変でした💦

 

成田にて、、、

 

こちらただいまSNSや上記YouTuberさんの動画にもありますが、飛行機が成田に到着し
飛行機の外に出れても成田の外に出るまでにものすっっっっっっっっっっっごく時間がかかります😱
特にイギリスやアメリカをはじめとした帰国後に宿泊施設での隔離がある方!ほぼ確実に3時間以上かかると思っていた方がいいです>-<

 

まず飛行機を降りるとすぐに一定数に並んでそこから歩きながら各書類の確認や説明、PCR検査というセクションに向かいます。基本的に並び終わったら初めに上記書類の確認をされ、準備が完了したら係の人に確認をもらいます。

 

この時不備があったら、、、、かなり大変なことになるかと思いますが、僕も含め周りではそういう方はいらっしゃらなかったので、その際にどうなるのか、、、、😱はちょっとわかりかねますが、絶対にないように何重も確認してください

 

書類の確認が終わったら唾液でのPCR検査待ちをし、そちらを終わった人から再度隊列を組んで
ほとんどのセクションで健康カードを提出しながら記入をしてもらったり、番号を振られたり(どこの国から帰国か、隔離が必要かなど)しながらアプリの説明や使い方についてのレクチャーを受けます☝️
この時当然アプリがダウンロードされてなかったり、初期設定が終わっていなかったりすると時間が余計にかかります🙈

 

それが終わったら滞在場所等の確認をされ(ほとんどの方が自宅だと思いますが)、検査待ちの状態になります。検査も含め上記説明や確認が終わるまでおおよそ1時間30分くらいかかったと思います。
僕は書類の不備もなく、上記のアプリの準備もバッチリでしたので、だいたい最短でいけたかと思いますが
それでもそのくらいかかりました💦

 

そこから検査待ちでここに座ってくださいと指示されてから
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、いくら待っても何の進捗もありません
ここにきたらトイレ等はありましたが、それまでは基本的に流れるように進むのでトイレはあまりいけないと思った方がいいです😱
なので機内で直前に行っておくことをオススメします☝️

 

話は戻りますが、振られた番号で徐々に人が減っていく中、自分の番は一向にきませんでした
僕が帰国した12月21日の時点でイギリスは宿泊施設6日間の隔離が指定されておりましたが、宿泊施設隔離なしの方がおそらく先に呼ばれていたのだと思います💡

 

多分このタイミングで人数を把握し、ホテル等々の準備をするんだと思いますがそれでホテルが見つかるまで時間がかかっていたのだと思いますが、ここはさすがにその日に到着予定の便や航空会社と連携しながらある程度の予測が前もってできないもんかと思いました😩
2時間くらいならまだしょうがないのですが、結局僕は飛行機を降りた時間からこの次に呼ばれるまでなんと、、、、7時間かかりました((((;゚Д゚)))))))

 

ここでキツイのはいつ呼ばれるのかという目安が全くなく、いつまで待てばいいのかわからないことです
はっきりとした時間はもちろんおおよそどれくらいなのかもわからない見えないマラソンを走るのはかなりキツイです💦そう!それはさしづめハンターハンターの一次試験のようですね😱

 

話はそれましたが🙈笑
空港の職員やスタッフさんも多分言われるがままやらされているんだろうなという感じなので
かわいそうになってきて不満をぶつける場所もなく、ただただ待ちます

 

ある程度歩いたり電話をしたりすることは何も規制はありませんが、ここで時間を潰せるように動画や映画のダウンロードコンテンツなど準備していくのは必須かもしれません(空港のWi-Fiは使えます💡)

 

やっと呼ばれた後はバスを待って、ホテルについて、チェックインの手続きを待って
どこまで待つんかい✋と思いましたがこの辺になってくると悲しいかな30分くらいの待機は気にならなくなってきます笑
チェックイン時に滞在中の注意事項や過ごし方の説明を受けたあと、お弁当をいただいてやっとの思いでホテルの部屋に入ったのは朝の3時半でした😱ちなみに僕が乗った飛行機が成田に到着したのは前日の18時、、、
9時間半部屋の入室までかかった形ですね((((;゚Д゚)))))))

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか
現在は海外に行くのも帰るのも一苦労ですね😱
お仕事でしょうがなく、、、という方もたくさんいらっしゃると思いますが、
渡航が慣れている方でも手続きは全く予想できないところからくる部分もありますので、
上記は僕が経験したイギリス部分においてが大きいですがこれから海外渡航がある方に少しでも役に立てば幸いです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

また次回僕が遭遇したアクシデントや困ったことについてまとめますので
ぜひそちらもご一読ください♫
またこちらは僕が12月7日〜12月20日の渡航やその準備期間にかけて体験したものを少しでも参考になればという記事ですので、こちらで準備が大丈夫!という内容のものではございません😭
スケジュールが変われば動向も変わりますので、必ずご本人様皆様でその時のルールの確認をお願いします
🙏
それではまた来週!