東京【高田馬場・渋谷・秋葉原】埼玉【大宮】
関西【大阪】 5店舗営業中!

0120-414-200店頭買取り

宅配買取・法人買取 11:00~21:00

中古のスマホを買う時に見るべきポイントは?専門店スタッフがお答えします!

みなさまこんにちは!
最近当店にもよくお問い合わせをいただきますが、先日なんとTVでも中古のiPhoneやiPadの購入の
需要の高さの報道がされておりましたね( ゚д゚)
ということで、今回は買取屋さんの専門スタッフがおすすめする
iPhoneやiPadを中古で買う時に見るべきポイントについて書いていきたいと思います☝️✨

 

それでは
🚗Here We Go💨

 

目次

 

ネット?店頭?
容量とバッテリー
非純正パネルにご注意🚨
高いからいい、安いからよくないは大きな間違い
まとめ

 

ネット?店頭?

 

まずはどこでiPhoneやiPadの端末を購入するか?です。
現在はオークションやフリマアプリ、そしてお店の独自販売サイトなど様々な場所で
中古のiPhoneやiPadが購入できますよね✨
より気軽に、手軽にiPhoneやiPadなどの商品を購入することができるようになったのはいいことですが
時には注意が必要です🚨🚨🚨

 

当店は主にiPhoneやiPadの買取のお店を運営しておりますが、一ヶ月の間に何回か
「ネットで買ったんだけど商品が実際送られてきたら使えなくて💦」
というご相談か必ずあります( ゚д゚)

 

事情を聞いているともれなくネットオークションやフリマアプリなどの経由で

 

状態としては
①「こんにちは」の初期画面で出品されていたのに、初期設定をしようとしたら
Apple IDが入っていて初期設定が完了できなかった

 

②普通に使っていたらいきなり4Gや5Gの電波がはいらなくなった

 

などという形でiPhoneやiPadとして使用することができなく、ただの鉄の塊をつかまされたというパターンで出品者の方と連絡がとれなくなって返品返金の作業もできないという方がほとんどです

 

このほかにも色々ありますが、上記2つが圧倒的に多いですね0-0

 

①は出品者が悪意をもってApple
IDやパスワードがわからないiPhoneやiPadをあたかも初期化した商品のように見せかけ購入者に売りつけ、取引が終わってお金を受け取ったらなしのつぶてになる

 

②は購入者様の手に渡った前後のタイミングで、出品者または最初の契約者が機種代金を滞納し、iPhoneやiPadそのものに利用制限がかかってしまった状態

 

という形です。

 

いやいやそんなの買う時に気をつければいいじゃん
と思ったそこのあなた!!!そうではないのです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

そういう商品を出品している方はかなり情報に精通していて
一般のお客さんの知識では追いつかないような見せ方をほぼ必ず知っています🥵
普段毎日iPhoneやiPadなどの商品に携わっている僕らでさえ上記のフリマやオークションから
100%無事なものを買えと言われたらおそらくできません
😱
確実に確かめる術がないに等しいからです

 

ですので、一般ユーザー様がそこに確証を持って購入することはほぼ不可能だと思います💦
上記のこともあるので個人的にネットでiPhoneやiPadの商品を購入する時には
相当信用できるところか、保証が完璧についているところでない限りやめたほうがいいと思います。

 

後に記述するところも含め現物がない状態で、中古の商品を100%理解して購入することは
おそらく不可能だと思うので、できるだけ現物が自分の目で確認できる店頭での購入がオススメです✨

 

もしくはネット購入の場合でもきちんと店舗もあるお店さんや保証がしっかりと確認できるお店さんがいいかと思います。
別のブログでも記載しておりますが、ネットでの取引しかしていないお店さんですと
いざとなったときに購入者様が乗り込んでいく先がないためです☝️

 

店頭では自分の目でしっかりとキズの状態やバッテリーなども確認できますし
基本的にお店で置いてある商品で①や②の状態を販売しているお店さんはほとんどないと思いますので
(②に関しては時期の問題もあるので保証の確認は必須です)どちらも防ぎやすいかと思います💡

 

容量とバッテリー

 

iPhoneではiOSというオペレーティングシステムが搭載されています
購入して何もデータを入れていない状態でも上記の容量分は使用していることになります。
例えばこちらのiPhone6sではこちらの初期化状態でなにも画像や音楽など入っていない状態でも使用可能の部分が23.55GBと記載されておりますね💡

 

 

こちらは32GBのモデルですのでなにも使わなくても約10GBの容量が使われていることがわかると思います☝️
これ、意外と盲点です((((;゚Д゚)))))))
基本的にiOSが進化すればするほど使用される容量は増えることが予想されます。
なので最近のiPhoneはこのiOSが入っていても十分空きがあるように最低の容量が64GBや128GBに設定されています。

 

前によくあった16GBや32GBがなくなってきたのはこのためかと思います。
事実上記のiPhone6sの32GBでは買ったばかりの状態で約1/3がiOSでくわれてしまいます😱
ですのでご購入時にはこちらを考慮にいれて容量を選んでみてはいかがでしょうか✨

 

ご自身様で使用している容量は「設定」→「一般」→「情報」の画面から把握できます💡
こちらで容量ー使用可能を計算すれば自分がどれくらいの容量を使っているのか理解できると思いますが
そちらとiOSの分を考慮にいれて何GBにするか選んでみるのもいいと思います☝️

 

当然容量が低いほうが金額も安いと思いますが、安さに飛びついて容量オーバーになってしまうと
結構めんどくさいので、こちらご注意がオススメです!

 

またバッテリーですが、現在のiOSではiPhoneの標準機能としてバッテリーの状態をみることができます
こちら確認した時の%が残りの容量を示していますね✨
確認方法は「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」
です!

 

 

こちら意外とシビアで90%以上あると全然状態もよくみえるかもしれませんが、
もちろん体感も人によって誤差があると思いますが、おおよそ95%を切ってくると電池が減るのが少し早いかな??と感じる人が多いと思います。

 

iPhoneやiPadのようなデバイスは現代社会においてかかせない方の方が多いかと思いますので
バッテリーは皆様にとってもかなり重要な項目ですよね☝️
iPhoneやiPadはもはや完全に高い買い物となってしまいましたので、
買ってからすぐに後悔することがないようにこちらはしっかりと見るべきポイントかと思います💡

 

中には少しの金額の差でバッテリーの量が全然違う😱
ということもよくある話なので、ぜひお気をつけください🙈

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?^_^
皆様が中古のiPhoneやiPadを購入する上で少しでも有益な情報であれば
嬉しく思いますが、ぜひしっかりとご一読いただき、ご参考になれば幸いです。

 

少し長くなってしまったので、
「非純正パネルにご注意🚨」
「高いからいい、安いからよくないは大きな間違い」

 

こちらに関してはまた次回記載させていただきたいと思います😆
上記も要チェックポイントございますのでぜひご覧くださいね♫