東京【高田馬場・渋谷・秋葉原】埼玉【大宮】
関西【大阪】 5店舗営業中!
LINE@

0120-414-200

店頭・宅配買取・法人買取 11:00~21:00

今が瀬戸際!?iPhone13、iPhone12、iPhone11Proシリーズは直ちにご売却を

みなさまこんにちは!
11月に入りついに今年も残り1ヶ月となってしまいましたね((((;゚Д゚)))))))
この前年が明けたかと思いきや本当に時間が過ぎるのは早いものですね😲

 

さて!題名の通りただいまiPhone13シリーズからiPhone11Proシリーズまでの中古の商品でも高額の買取金額が付いている商品がかなり価格が下降してきそうな気配が満載です((((;゚Д゚)))))))
年末の大掃除の時に思っているあなた!!!同じ商品状態でも10,000円も金額が変わることもありますので、ぜひお早めに売却してください✋今日はその理由について記載していきます

 

目次

 

金額相場が下降しそうな理由
どのくらい金額が変わるのか
いつまでに売却すればいいのか
まとめ

 

金額相場が下降しそうな理由

 

まず金額が変動しそうな理由ですが、最近iPhone14シリーズの中古の商品の入荷が増えてきております💡
当店でももちろん入荷はございますし、当店だけでなく買取店においてiPhone14シリーズの新品ではなく中古の買取が増え始めています😲
えっ!?!?もう!?!?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、例年最新の機種の中古の商品がざわざわ増え始めてくるのが、発売開始から1ヶ月半程度、今回iPhone14は9月16日に発売が開始されたため、ちょうどいまくらいの時期から入荷が多くなってくるので、例年通りといったところかと思います☝️

 

勘のいい方ならすでにお気づきかもしれませんが、現在iPhoneの「中古」市場において最新とされているのはiPhone13シリーズになります✨
ですが!!iPhone14の中古の買取や出回りが増えていくとiPhone13シリーズではなく、「中古の市場」においてもiPhone14シリーズが最新とされる時期になってきましたので、今までの機種が全て1世代ずつ古いという認識に書き換えられてしまいます

 

単純かつ大袈裟に言えば今のiPhone13の適正金額は今のiPhone12の適正金額に、iPhone12の適正金額はiPhone11の適正金額にというように型落ち感が出てしまうということですね💦

 

どのくらい金額が変わるのか

 

では次にどのくらい金額に変動がでてしまうかというところですが、こちらはあくまでも例年通り、または現状の推移で動いてしまった場合という形なので、必ずしもこう動く!というものではないですが上記の通り1世代繰り下がってしまったら、、、というシュミレートで記載していきたいと思います☝️

 

現状中古の上限最高金額で比較した時に
iPhone13Pro MAXとiPhone12Pro MAXの差額は最大で24,000円
iPhone12Pro MAXとiPhone11Pro MAXの差額は最大でなんと32,000円もございます🫢

 

ですので、理論上はiPhone14が中古の市場に入ってくることにより機種によっては今と全く同じ商品のランク状態でも32,000円差額が出てしまう可能性があるということです((((;゚Д゚)))))))

 

いつまでに売却すればいいのか

 

こちらはもう少しでも早くと書かざるを得ない形でございます🚨⚠️🚨
冒頭の通りすでにiPhone14シリーズの中古は市場にちらほら出てきておりますし、発売してからそろそろ2ヶ月が経過するので色々な角度から考えてもいつiPhone13シリーズが中古の最新の枠組みから外れても全くおかしいことではない状況です💦
まだお手元にiPhone14が届いていないという方もいらっしゃるかと思いますが、そうでなくもうデータの移行が完了されている方に関しましては1秒でも早くご売却されることをおすすめします>_<
上記の通り全く同じ商品状態でも差額が生まれてしまうのはかなりもったいないのでぜひお早めのご相談お待ちしております🙏

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか
例年この時期は中古の市場がかなりグラグラとしてしまいますが、この記事がUPされる2022/11/05まではまだ!間に合う状態ですのでぜひ乗り換え前のお使い機種をできるだけ有益にご売却ください♫
当店ではお電話やメール、LINEでのお見積もりもさせていただいておりますので、お気軽にお申し付けくださいませ(^○^)

 

それではまた来週〜✋