東京【高田馬場・渋谷・秋葉原】埼玉【大宮】
関西【大阪】 5店舗営業中!
LINE@

0120-414-200

店頭・宅配買取・法人買取 11:00~21:00

〜有利なはずが一転不利に!?〜iPhone買取におけるカラーの有利不利「改」

 

みなさまこんにちは!
前回こちらのブログにてカラーによって買取金額の差額があることを深掘りさせていただいたかと思います。ただいまSE3にすごく減額が入っておりますのであらためてご注意くださいませ((((;゚Д゚)))))))

 

それではいきましょう
🚗Here We Go💨

 

目次

 

いまSE3がヤバい!!
大幅減額の考察
買取店スタッフがおすすめするこの色を買えば大丈夫!
まとめ

 

いまSE3がヤバい!!

 

先日2022年8月8日にこちらのブログをUPさせていただきましたが、その当時は特に大きなお色の減額もなく過去データ含めあったとしてもせいぜい-3,000円前後、また基本的にお色の減額が入るものは新品でも金額帯が高いもの
例えばiPhone13シリーズやiPhone12シリーズなど50,000円〜100,000円前後の新品の買取価格の商品がほとんどでした。

 

仮に1000,000円の商品に-3,000円の減額が入ったら%にすると3%程度の減額ということになります。
もし50,000円の商品でもその数字は6%ともちろん減額が入らないに越したことはないかもしれませんが、大打撃というほどの減額ではなかったかと思います。

 

ですが現在(2022年8月13日)iPhoneSE3のRedのお色には-5,000円の減額が入っており本日(2022年8月8日時点)買取金額が同じく本日時点で38,000円(simフリー版未開封保証未開始)ということを考えると同じカラー減額とはいえ13%も入っていることになります((((;゚Д゚)))))))
そもそもSE3のような廉価版の商品に相場が崩れるという理由以外で5,000円も減額が入ることはかなりレアなケースなのでぜひ買取ご希望の方ご注意くださいませ>_<

 

大幅減額の考察

 

考察ということでこれはもう推測でしかありませんが、やはり考えられるのは需要と供給のバランスしかありません
iPhoneSE3は発売当初からMNPなどのキャンペーンでかなりの格安での販売がされておりました。
転売にはもってこいの端末ということですね😲💡前回のブログでUPさせていただきました通り、転売で人気がある色は「通常色の減額が入らない色」です☝️

 

前回のブログを読んでいただいた形ならわかるかと思いますが、SE3の場合はRedがまず筆頭になってきます!
その他ブルーなどもありますが、廉価版やローエンドモデル(ProシリーズではないiPhone12やiPhone13など)はある意味ブルーなども新色感がないので
敬遠されがちなことを考えると結構な確率でRed一択になります😱
そのためRedが集まりすぎて減額が入っているかと思われますが、SE3でこれだけの幅の減額が入っているともはやこの理由しか思いつかない気がします

 

新品にはカラーの減額がありますが、中古には一切ないことを考えるとやはり説得性も上がるかと思います☝️

 

たまに大幅な減額が入っているなら待てばいいのでは?というご質問もいただきます。
もちろん毎回この答えが真というわけではありませんが(今年の円高のような流れもたまーーにありますので💦)
基本的にiPhoneやiPadも電化製品ですので、発売してから時間が経つことにおいて買取金額が上昇することはほとんど望めません😭

 

上がる前に下がった金額が元に戻るという意味合いで上昇することはたまにありますが、純粋に買取の金額が上がるというのは今までほとんどありません。今年はかなり大規模な円安の流れがあったのとApple Storeの正式金額が7月から上昇したように見えるので(こちら金額的には上がっておりますが、高くなったというのとはちょっと違います☝️もし機会があればまた次回✋)
多少買取金額も上昇した部分もありますが、確率や上がった時の幅、下がる時の幅を考えると下に下がることを損切りして少しでも早い時期に売却してしまった方が個人的にはオススメです☝️

 

勝つことはあっても平均したり、ならしで見たりすると結局負けることが多かったり、常に勝つまたはトータルで勝つにはそれなりに勉強と傾向と対策が必要という意味ではパチンコなどに似ているかもしれませんね🙈

 

逆にProシリーズなどのハイエンドモデルと比べて通常のカラー減額は入りにくい機種なので、あまり考えずに色を決めたり、使うとしたら自分はこの色は買わないなと思ってもカラー減額がなく一律でしたら逆にそういうカラーの方が流通が少ない可能性が高いのでカラー減額のあおりも受けにくいということもございます💡

 

買取店スタッフがおすすめするこの色を買えば大丈夫!2

 

では上記を踏まえてiPhoneを購入するときに1番お得なカラーチョイスはなんなのでしょうか((((;゚Д゚)))))))
こちらは基本的にはやはり前回と変わりません。
ですので、詳しく確かめたい方は前回のブログ〜有利なはずが一転不利に!?〜iPhone買取におけるカラーの有利不利の目次の3番目の同じ項目を確認してくださいね(^^)✌️

 

上記のSE3の件を受けて少しだけ肉付けするとすれば廉価版やローエンドモデルは減額が入るまで最初のうちはカラーはほとんど気にしなくていい
ということです。こちらを気にしすぎて一定の色が市場に溢れてしまうとその色が逆に減額を起こす大きな要因となってしまうので、おそらくこれだけお色のバランスが偏るという場合ですと近い店舗には在庫自体はあるけどRedがない〜😱💦ちょっと遠いけどRedがあるところで買うか!

 

ということの繰り返しがハイエンドモデル以外のもののカラー減額を生み出してしまっていると思いますので
発売当初やまだカラー減額が市場に反映されていない時は素直にある在庫の中でチョイスしてもらった方がいいかと思います✨

 

最新機種やハイエンドモデルの場合は教科書はほとんど動かないので、基本的には前回お知らせした通りです✌️もし忘れてしまっていたら上記リンクから飛んで確認してみてくださいね♫

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
今回は少し深掘りのような内容でしたが、結構現実的でためになる情報もあったかと思います😏
そろそろiPhone14の情報もポツポツ出てくると思いますので、購入される方ぜひ参考にしてみてくださいね♫ですがこちらあくまでも現状のという形で新色などが出てくる場合は不明なのでそういう場合はお気軽にお問い合わせください✨

 

それではまた来週〜✋